カジノで初ポーカー!プレイ中のマナーやルールを紹介します

カジノ

初めて海外でポーカーをプレイするとき、席の着き方やプレイ中のマナーなど、わからないことが多いと思います。

今回はポーカーのキャッシュゲームでテーブルの席の着き方から、プレイ中の注意点やマナー、退席について紹介していきます。

これから初めてカジノでポーカーをプレイしてみようと思っている方は、参考にしてください。

 

ポーカーテーブルの席に着くまでの流れ

カジノでポーカーをプレイするには、ポーカーテーブルの横にある受付で登録をする必要があります。

もしテーブルの席が空いているのであれば、待機時間がなくポーカーをプレイすることができますが、席が全て埋まっている場合は、席が空くまで待たなければいけません。

 

そしてキャッシュゲームは、チップがなくなってもチップを追加して続けることができます。

そのため待機人数が多いと、待ち時間は1時間以上になることもあるので注意して下さい。

自分の順番が回ってきたら、受付もしくはポーカーテーブルのディーラーにお金を払いチップを受け取りましょう。

 

ポーカーをプレイ中のルールやマナー

・プレイ中のスマホの使用は禁止

・プレイ中は英語しか使ってはいけない

・席を立つとフォールドしたとみなされる

 

ここではポーカーのルールやマナーについて紹介します。

カジノによってルールの厳しさや独特のルールがあったりしますが、上記の3つは一般的にどのカジノでも同じルールでしょう。

 

まずはポーカーテーブルのスマホの使用について説明します。

プレイ中、自分がカードを持っているときはスマホの使用は禁止されています。

自分がフォールドしてプレイに参加してないときは、スマホを触っても問題はありません。

 

しかしテーブルの上にスマホを置いてはいけなかったり、細かいルールの違いはカジノによってあるので注意が必要です。

 

また基本的に写真撮影も禁止されています。

もし大勝ちしてチップとカードの写真を撮りたいときは、ディーラーに撮影の許可をもらってから写真を撮って下さい。

 

そして英語圏に限られますが、プレイ中の会話は英語しか使ってはいけません。

日本人同士が同じテーブルに座ったとしても、自分がプレイしているときは日本語での会話は禁止されています。

簡単な言葉を発するのは問題ありませんが、あまりにもひどいとディーラーから注意を受けるので気をつけましょう。

 

またプレイ中に席を立つと、フォールドしたとみなされることがあります。

席を立ってテーブルから離れると、フォールドしたと厳しく判断されるので、プレイ中は無闇に席を立たないように気をつけて下さい。

 

またディーラーがカードを配っている間に席を離れていると、自分のカードは配られない場合もあります。

 

これら以外にも独特のルールがあるカジノがあります。

その際は席に着く前にルール説明をしてくれるので、聞き忘れないように気をつけて下さい。

 

ポーカープレイ中の休憩について

プレイ中の休憩は主に2パターンあります。

・自分で休憩を取る

・カジノ側が休憩時間を取る

 

ポーカーのプレイ中は自分の好きなタイミングで、席を離れて休憩をすることができます。

席を離れる際はディーラーに言う必要はありません。

しかし長い時間席を離れすぎると、ディーラーがゲームを辞めたと判断し、テーブルから外されることがあります。

 

休憩を取る際は何十分まで席を離れて大丈夫なのか事前に聞いたほうがいいでしょう。

*大抵は30分ほどです。

 

休憩を取る際の注意点として、席を離れていても自分のブラインドが回ってきたときは、ブラインドを払う必要があります。

ディーラーが勝手に自分のチップを取ってくれますが、長時間休憩していると知らない間にチップが減っていくので気をつけて下さい。

 

もう一つの休憩時間として、カジノ側がプレイを止めることがあります。

これはカジノ側がカードを交換したり、売り上げの確認やただの休憩だったりと様々です。

休憩時間は短くて数分、長くて十分ほどプレイが止まることがあるので、その際にトイレや喫煙などをすませておきましょう。

 

ポーカーを退席するとき

プレイを終えたいときは、好きなタイミングでディーラーに「終わる」と告げれば大丈夫です。

そうするとディーラーが細かいチップ(1ドルや5ドル)を、出来るだけ大きなチップ(25ドルや100ドル)にまとめてくれます。

そしてまとまったチップはカジノ内にある交換所に持っていき、現金に変えれば終了です。

 

海外カジノでのポーカーマナーまとめ

ポーカーテーブルに着くまでの流れ

・受付で登録をする

 

プレイ中のルールやマナー

・プレイ中のスマホは禁止

・プレイ中は英語しか使ってはいけない

・席を立つとフォールドしたとみなされる

 

ポーカーの休憩について

・自分で休憩を取る(最大30分ほど)

・カジノ側が休憩時間を取る

 

ポーカーを退席するとき

・ディーラーに告げてから退席する

 

初めて海外のカジノに行く方はカジノが恐いイメージがあると思いますが、実際のカジノは非常に優しいです。

カジノから追い出される人や出禁になる人は本当に稀な人だけで、ディーラーの注意を無視し続けた人だけです。

 

不安な人はディーラーに「初めてカジノでプレイする」と言えば、優しくルールや禁止事項を教えてくれるので、緊張せずにカジノでポーカーをしましょう。

 

 

爆裂仕様スロットの参加権利は今だけ!

日本でもインターネットで遊べるオンラインスロットがいま流行し始めています。
外出しなくても自宅やスマホで遊戯できるので気軽にいつでも遊べるんです。
コロナウィルスの心配もなく、喫煙者は遊びながら吸えるメリットが大きいです。
何よりもレートが自由に選べることと配当に上限が無いので、1日で100万円でも200万円でもリターンが見込めるのが人気の理由でもあるんです。
いち早くアンテナを張っていた元パチプロやスロプロが新たに稼げる場所として既に大勢参入しています。

 新世代スロットの入り口はこちらから!



最近こんな悩みをお持ちではないですか?

●下手に外出するとコロナのリスクが高まってしまうなぁ・・・
●タバコ吸いながらスロット打ちたいなぁ・・・
●家族にバレずに遊べないかなぁ・・・
●規制のせいで最近の台は出玉が少ないなぁ・・・
●もっと大きな博打がしたいなぁ・・・
●一発で大逆転できる方法ないかなぁ・・・

オンラインで遊べるベラジョンカジノなら全て解決です!

このオンラインスロットがあるベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に余計な通信費が掛かることもありません。
また30年以上オンラインスロットに携わっている老舗メーカーやベテランスタッフたちによる運営なので信頼性も他より高いです。


ここが日本人向けに作られている証として、サポートが日本語対応されているのがあります。
メールでもチャットでも困ったときにすぐ返事がもらえるのも他のカジノではそうそうありません。










【スロットへの入金方法】
クレジットカードで時間もかからず反映されるのですぐに遊べます。

日本にあるクレジットカードがそのまま使えるということは、いかに厳しい審査をパスされている正規カジノであるという証明ですね。

【スロットからの出金方法】
海外口座のecoPaysがお勧めです。
運営も昔から使ってますがトラブルになったことは一度も無いです。
カジノシークレットからUSD(米ドル) ⇒ ecopayzに送ってJPY(日本円)に変換 ⇒ 日本の銀行口座宛てに送金でOK!

勝ち金が遅くても4~5営業日くらいで送られてきます。



そして、今ならベラジョンカジノへの詳しい入出金マニュアルを差し上げています!
↓↓↓



【よくある質問】
Q:ベラジョンカジノに閉店時間はあるの?
A:無いです。24時間営業です。

Q:入金しなくても遊べるって本当?
A:初めての方は無料お試しプレイから遊べるので、まずスロットの操作方法や雰囲気に慣れてから遊戯されると良いと思います。

 ベラジョンカジノ入口はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました