カジノのルーレットやカードゲームのルールについて解説!

カジノ

今回はカジノのゲームの一つでもあるルーレットとカードゲームについて初心者さん向けに解説します。

カジノと聞くとアメリカのラスベガスをイメージされる方が多いとは思いますが実はカジノの発祥はもともとヨーロッパになります。

カジノは現在120か国以上で合法化されており、国によって制限内容は異なります。観光資源の一つとして競争が行われています。

日本でも大阪や横浜にカジノを作るかどうかで議論されていますね。

まずはカジノと聞いてもどんなゲームがあるの?と思いますよね。なのでまずはカジノには一体どんな種類のゲームがあるのかまずは紹介していきます。

 

カジノのゲームは大きく分けて4つ

 

トランプゲーム

まずはトランプを使ったゲームです。トランプ系は手持ちのカードを用いて勝敗を決めます。

トランプ系にはバカラ・ブラックジャック・ポーカー・レッドドッグ・トラントエカラント(トラントカラン)などなど、実際にディーラーと対面して勝負していきます。

 

ダイス

次にダイス系です。漫画や映画で人気の「カイジ」でお馴染みなチンチロリンなどがあります。

ダイス系ではさいころを用いて勝敗を決めます。ダイス系にはクラップス・大小・チャックアラックなどがあります。

 

ルーレット

サイズ的にも見た目のインパクトもあって複数人でワイワイできるゲームです。

白黒の2択やピンポイントに数字を当てるだけのシンプルなルールなので、老若男女が気軽に参加できます。

 

スロット

カジノの派手さをアピールするのにも使われるスロットではジャックポットなどの超大当たりが目玉で、一発で100万円とか1億円のリターンも可能なので夢を求めるプレイヤーが多いです。

基本的にカジノにあるスロットでは目押しなどのスキルが全く使われないので、完全に運のみの勝負です。

 

ルーレットのルール、遊び方

ルーレットはカジノの女王とも呼ばれていますが、ラスベガスやヨーロッパでの人気に比べ、アジア圏では驚くほど人気がありません。

ドラマや映画で見たようなカジノで遊びたい場合はアジア圏以外の場所に行くか、オンラインで遊ぶのがおすすめです。

内容は赤と黒の回転盤にボールが投げられ止まったところの数字を当てるゲームです。

 

カジノルーレットの種類による違い

まず、カジノルーレットには大きく分けて二つの種類があります。

・アメリカンルーレット

「0」「00」を含む、38個の数字で構成されています。先に発明されたのはアメリカで、現在取り扱いが多いのもアメリカです。

 

・フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)

  • を含む37個の数字で構成されています。

つまり、アメリカンとヨーロピアンの違いは単純に38分の1と37分の1です。

したがってヨーロピアンの方が当たる確率は高くなります。

 

カジノルーレットの基本ルールと遊び方

ベーシックなルールは上述の通りですが、ベット方法(チップの掛け方)に細かい種類があります。

「赤か黒」「奇数か偶数」「1-18か19-36」という⒉分の1の確率に賭ける場合や、「1-12,13-24,25-36」、「3列に並んだ数列の1列」という3分の1の確率に賭けるやり方などが主流です。

また1つの数字のみに賭けることもできますが、当たる確率は36分の1となるので、もちろん当てる難易度は高くなります。

 

ストレートアップベット1つの数字のみ
スプレっとベット2つの数字
ストリートベット横並びの3つの数字
コーナーベット4つの数字
ラインベット6つの数字
ファーストファイブべット0,00,1,2,3の5つの数字
ダズンベット3等分された12の数字のグループ

(1-12,13,24,25-36)

コラムベット縦一列に3等分された12の数字のグループ
イーブンチャンスベット赤と黒/奇数と偶数/数字の前半と後半

 

上記の表が賭け方になります。

一つの数字のストレートアップベットが36倍で一番配当が高く、イーブンチャンスベットが一番低く2倍の配当となります。

なんとなく最初は2倍の配当に少額のチップを掛けてちびちびとやってしまいそうですね。

 

ブラックジャックや、バカラなどのようなテーブルゲームとは違い、専用のチップを使うため、現金がすで持っているチップをディーラーに渡して交換してもらいます。

やめる場合は、専用のチップをディーラーの方へ、テーブル上で寄せるか、キャッシュアウトと言えば、カジノチップへ戻してくれます。

 

ディーラーがウィール(回転盤)の中で、ボールを指ではじいて回し、「ノーモアベッド」と言うまで、追加したり減らしたり、動かしてもok。制限は無いので、何か所を掛けても問題ありません。

しかし、ノーモアベッドと締め切られるまでに、全部を置く必要があるため、複数個所で勝負するなら、テーブルにあるシートを把握しておかないと時間切れになってしまいます。

そして締め切り後にあたり番号が決まると、ディーラーがピック(マーカーのようなもの)と呼ばれるアイテムを、シートの当たり番号に置きます。

 

外れたチップを先に回収、次に配当が配られます。ディーラーがピックを引き上げたら、自分のチップを回収してよい合図です。

このように自分の知識やレベルに合わせてベット方法を選び、様々な遊び方ができるのもルーレットの魅力です。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はカジノのゲームの種類にいついてまとめ、ルーレットのルールについて解説してみました。

カジノにはトランプ系・ダイス系・その他ルーレットなどカテゴリーに分かれており、そこからさらにいろんなゲームがあります。自分にあったゲームを見つけ、オンラインカジノや本場のラスベガス、マカオでのゲームの時にお役立てください。

 

爆裂仕様スロットの参加権利は今だけ!

日本でもインターネットで遊べるオンラインスロットがいま流行し始めています。
外出しなくても自宅やスマホで遊戯できるので気軽にいつでも遊べるんです。
コロナウィルスの心配もなく、喫煙者は遊びながら吸えるメリットが大きいです。
何よりもレートが自由に選べることと配当に上限が無いので、1日で100万円でも200万円でもリターンが見込めるのが人気の理由でもあるんです。
いち早くアンテナを張っていた元パチプロやスロプロが新たに稼げる場所として既に大勢参入しています。

 新世代スロットの入り口はこちらから!



最近こんな悩みをお持ちではないですか?

●下手に外出するとコロナのリスクが高まってしまうなぁ・・・
●タバコ吸いながらスロット打ちたいなぁ・・・
●家族にバレずに遊べないかなぁ・・・
●規制のせいで最近の台は出玉が少ないなぁ・・・
●もっと大きな博打がしたいなぁ・・・
●一発で大逆転できる方法ないかなぁ・・・

オンラインで遊べるベラジョンカジノなら全て解決です!

このオンラインスロットがあるベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に余計な通信費が掛かることもありません。
また30年以上オンラインスロットに携わっている老舗メーカーやベテランスタッフたちによる運営なので信頼性も他より高いです。


ここが日本人向けに作られている証として、サポートが日本語対応されているのがあります。
メールでもチャットでも困ったときにすぐ返事がもらえるのも他のカジノではそうそうありません。










【スロットへの入金方法】
クレジットカードで時間もかからず反映されるのですぐに遊べます。

日本にあるクレジットカードがそのまま使えるということは、いかに厳しい審査をパスされている正規カジノであるという証明ですね。

【スロットからの出金方法】
海外口座のecoPaysがお勧めです。
運営も昔から使ってますがトラブルになったことは一度も無いです。
カジノシークレットからUSD(米ドル) ⇒ ecopayzに送ってJPY(日本円)に変換 ⇒ 日本の銀行口座宛てに送金でOK!

勝ち金が遅くても4~5営業日くらいで送られてきます。



そして、今ならベラジョンカジノへの詳しい入出金マニュアルを差し上げています!
↓↓↓



【よくある質問】
Q:ベラジョンカジノに閉店時間はあるの?
A:無いです。24時間営業です。

Q:入金しなくても遊べるって本当?
A:初めての方は無料お試しプレイから遊べるので、まずスロットの操作方法や雰囲気に慣れてから遊戯されると良いと思います。

 ベラジョンカジノ入口はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました