ダブルチャレンジでAT100×30倍に成功して14000枚出した話

スロット

当時はメーカーたちも獣王を超える機種を躍起になって開発してました。そんな中でサラリーマン金太郎でお馴染みのロデオから産みだされた爆裂機種『ダブルチャレンジ』という台があったのですが、私はこれでAT100×30倍に成功して14000枚を出した経験があります。

この台でのトータルでは赤字でしたが、それだけギャンブル要素が高かったので燃えましたね。

 

『ダブルチャレンジ』のスペックをおさらい

BIGREGAT確率
設定11/4391/8971/420
設定21/4361/8511/376
設定31/4341/8511/314
設定41/4281/8401/272
設定51/3991/7991/254
設定61/2381/7201/210

 

こうして見ると設定6だけが別格で機械割も150%オーバーだったと思います。

この台はATが10と100の2種類あって、ボーナス後の高確率状態なら100が選ばれるゲーム性なので、ボーナス確率は高いほうがどうしても有利になりやすいですね。

 

ATは3枚/Gなので、AT100でも300枚の獲得。

その権利をカジノでもお馴染みの『ダブルアップ』みたいに増やせるわけです。

『ドリームチャレンジ』と言いますがATに当選するたびに下記の選択ができて、自由に倍率も上げられます。

 

倍数当選確率
1.5倍1/1.9
2倍1/1.9
5倍1/4.8
10倍1/9.6
30倍1/28.4

 

抽選に落ちたらAT100の権利も失います。

しかし、たとえ設定1であっても、まず1/420のATに当選して、30倍にも当選さえすればAT3000がもらえる、すなわち万枚コース一直線です。

途中でビッグバケも引きますからね。

 

https://twitter.com/tatibana8425/status/1133521812728438785?s=20

 

 

『ダブルチャレンジ』のリプレイ外し

ビッグ中のリプレイ外しをすると400枚近く獲得できます。

2回のJACINまでは左打ちでスイカ狙い。

3回目からは右リールにスイカを狙って、中段にベルなら左と中はフリー打ち。

 

右リール上段にスイカなら、左と中はスイカ狙い。

右リール中段にリプレイなら、中はフリー打ち、左リールの枠上から下段に白7を狙ってリプレイ外し。

 

『ダブルチャレンジ』のモードとAT当選

 

ダブルチャレンジには高確率と低確率のモードによって、AT10と100が分かれます。

ドット画面で天使がいれば高確率、悪魔なら低確率。

 

ビッグ終了後は100Gの高確率モード。

また、ベル成立時に天使と悪魔が入れ替わるので、つまり通常時でもAT100を引けるチャンスは常にあります。

BIGとREGの設定差はあまり無かったので、いかにAT当選率が高いかで台の良し悪しを判断してました。

 

AT当選するときは「白7・白7・黒」の3枚役が成立していて、揃わなくても完全告知され、ゲチェナみたいなリーチ目が停止しますね。

 

『ダブルチャレンジ』でAT100×30倍に当選!

 

私が当時ダブルチャレンジを打っていたときは、仲間たちとひたすら30倍狙いでした。

AT10でも100でも、とにかく1回当たるまでは30倍でしかBETしませんでしたね。

2週間くらいダブルチャレンジだけを打っていたんですけど、1/28.4(30倍当選確率)なんて本当に当たらないですね。

 

そもそもATを1日で28回引けないですし、悪魔(AT10)ばかりのタイミングに偏ると増えるわけもないです。

30倍に当選したのは3回ありましたが、天使(AT100)が1回、悪魔(AT10)が2回でした。

 

あまりに抽選にハズレ続けるので、天使と悪魔のルーレットも飛ばしてましたが、天使(AT100)×30倍が当選した瞬間は『AT2999』と表示されていて、ナビも始まったので、震えましたね。

AT中はもう単調なものです。

メダルを出すだけの作業が3000G続くだけですね。

その中でもAT上乗せはバンバン来るので、何だかんだで14000枚まで増えていった感じです。

 

AT100×30倍が1回引ければ満足だったので、やっとダブルチャレンジ卒業できたという喜びでした。

 

『ダブルチャレンジ』は長時間打てる人向けの機種

当時、実際に隣で見た事があるんですけど、ダブルチャレンジの仕組みを理解してないサラリーマン風の人が、AT100×30倍に当選したんです。

「うぉぉ 凄ぇ!」と周りはザワめいたものの、時間はすでに20:30でした。

3000G回すだけでも5時間くらいかかるのに、途中でBIG・REG・ATも初当たりを引きまくるので7時間は掛かります。

 

そのころは閉店保証があったので、残り1000Gあれば3000枚は店から保証してもらえるサービスもありましたけど、その代わり閉店まで打ち続けてないといけないですね。

誰もいなくなってるダブルチャレンジのシマで、翌日も会社があるだろうに23時過ぎまでパチンコ店にいるっていう。

会社帰りこそA400みたいな即ヤメできる台にすれば良いのに、よりによって数時間は拘束されかねない機種ですしね。

ちなみに、ダブルチャレンジもコピー打法が通用したので、AT100の次GにまたAT100っていうのができたそうですが、気付いたときには対策されてました。

 

爆裂仕様スロットの参加権利は今だけ!

日本でもインターネットで遊べるオンラインスロットがいま流行し始めています。
外出しなくても自宅やスマホで遊戯できるので気軽にいつでも遊べるんです。
コロナウィルスの心配もなく、喫煙者は遊びながら吸えるメリットが大きいです。
何よりもレートが自由に選べることと配当に上限が無いので、1日で100万円でも200万円でもリターンが見込めるのが人気の理由でもあるんです。
いち早くアンテナを張っていた元パチプロやスロプロが新たに稼げる場所として既に大勢参入しています。

 新世代スロットの入り口はこちらから!



最近こんな悩みをお持ちではないですか?

●下手に外出するとコロナのリスクが高まってしまうなぁ・・・
●タバコ吸いながらスロット打ちたいなぁ・・・
●家族にバレずに遊べないかなぁ・・・
●規制のせいで最近の台は出玉が少ないなぁ・・・
●もっと大きな博打がしたいなぁ・・・
●一発で大逆転できる方法ないかなぁ・・・

オンラインで遊べるベラジョンカジノなら全て解決です!

このオンラインスロットがあるベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に余計な通信費が掛かることもありません。
また30年以上オンラインスロットに携わっている老舗メーカーやベテランスタッフたちによる運営なので信頼性も他より高いです。


ここが日本人向けに作られている証として、サポートが日本語対応されているのがあります。
メールでもチャットでも困ったときにすぐ返事がもらえるのも他のカジノではそうそうありません。










【スロットへの入金方法】
クレジットカードで時間もかからず反映されるのですぐに遊べます。

日本にあるクレジットカードがそのまま使えるということは、いかに厳しい審査をパスされている正規カジノであるという証明ですね。

【スロットからの出金方法】
海外口座のecoPaysがお勧めです。
運営も昔から使ってますがトラブルになったことは一度も無いです。
カジノシークレットからUSD(米ドル) ⇒ ecopayzに送ってJPY(日本円)に変換 ⇒ 日本の銀行口座宛てに送金でOK!

勝ち金が遅くても4~5営業日くらいで送られてきます。



そして、今ならベラジョンカジノへの詳しい入出金マニュアルを差し上げています!
↓↓↓



【よくある質問】
Q:ベラジョンカジノに閉店時間はあるの?
A:無いです。24時間営業です。

Q:入金しなくても遊べるって本当?
A:初めての方は無料お試しプレイから遊べるので、まずスロットの操作方法や雰囲気に慣れてから遊戯されると良いと思います。

 ベラジョンカジノ入口はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました