カジノでの必勝法についてラスベガスで聞いてみた

カジノ

昔から『カジノで勝つ為の必勝法はないか?』と色々な人が色々な方法を考案してきました。

その中でも有名なのがマーチンゲールと呼ばれる方法です。

(筆者はラスベガスにあるカジノと取引をしたことがあるので、裏話として書いていきます。)

 

マーチンゲールは本当に必勝法なのか?

マーチンゲールは勝つ確率が1/2で配当が1倍返しの物、例えばバカラ、ブラックジャック、ルーレット
赤黒、偶数奇数張りなどで使えます。

マーチンゲールの方法は簡単に言うと「負けたら倍賭けする」というものなのですが、仮にブラックジャックで1$から始めて見たとしましょう。

そして最初の3回は負けて4回目に勝ったとすると以下のようになります。

賭け金  結果  利益
1回目: 1$  負け -1$
2回目: 2$  負け -2$
3回目: 4$  負け -4$
4回目: 8$  勝ち +8$

合計してみると+1$で儲けが出ている事になります。

 

この原理は回数が増えても同じで「負けたら倍賭け」をしていけば必ず勝った時点で利益が出るので1回の儲けは少ないですが、一見、必ず勝てる!、つまり必勝法だと考えてしまいがちですが意外な落とし穴があるのです。

それは「負けが続いた場合」です。

 

倍賭けするという事は1$からスタートして10回連続負けたら、どうなるかというと

1+2+4+8+16+32+64+128+256+512

となりこれを合計すると1023となります。

 

そして11回目は1024$を張らなければならないのですが、もし、そのブラックジャックのテーブルのLIMIT(最高限度額)が1000$であれば1024$は張れませんのでアウトとなってしまいます。

でも10回連続で負けるなんて、そうそう無いだろうと思われるかもしれませんが、単純に確率50%の場合、負ける確率も50%、つまり1/2ですからそれが10回続く確率は、1/2の10乗=1/1024、つまり1024回に1回となります。

 

けれどマーチンゲールで稼げるのは「最初に張った金額分」だけですので、1024回に一回負けただけで1023回分の利益を全て失ってしまうのです。

もし「上限無しの無制限」であなたに100億円くらいの資金があったとしても「負けたら倍額賭け」を繰り返していたら必ず資金が追いつかなくなる時が来てアウトという事になります。

つまりマーチンゲールは残念ながら必勝法ではないのです。

 

それでもマーチンゲールを実行する人はいてカジノ側もそんな事は先刻承知ですので、テーブルには必ずLIMIT(上限)が設定されているのです。

興味本位でやってみるという手もありますが8回連続して負けて128$を賭ける時には「こんな金額を賭けて儲けはたった1$か」と思うと少々虚しい気持ちにもなる、という物です。

 

 

またLIMIT(上限)以外にもルーレットであれば0と00の存在。

ブラックジャックであれば親がブラックジャックの場合の倍付けの存在。

バカラではBANKERに張った場合の5%のカジノ手数料の存在。

という実質的に「勝率50%で1倍返し」となる物は無く若干ながら50%を下回る設定がされているので、その点でもマーチンゲールは通用しないのです。

 

マーチンゲールの他に必勝法はないのか?

ラスベガスにあるカジノの担当者と話していた中で、実はカジノでの必勝法は「全く無い事もない」らしいのです。

カジノの入り口には必ずカメラが設置されており入場してくる客を監視しています。

なぜ監視しているのかというと「ブラックリストに載っている人を排除するため」なのです。

 

このブラックリストに載っている人達は「カジノに対して必ず勝っていく」人なのですが、どうやっているのかは残念ながら担当者さんも教えてはくれませんでした。

というよりカジノ側でも分からないようです。

 

ただ、ブラックジャックやバカラで最高金額を賭けている人がカードをめくる方式を採用しているカジノでは、プレイヤーが直接トランプカードに手を触れる事が出来るので手品的なカードのすり替えが出来れば必勝できます。

つまり、そういったインチキやイカサマをする人なんだと理解してよさそうです。

 

 

実はカジノ側でもトランプを使うゲームではディーラーがそういった手品的なすり替えをするのではないか?、とお客さんに疑われるのを防ぐためにシューターという箱のような道具を使ってカードを配るようにしている所がほとんどです。

逆に言うとディーラーが手でカードを配っているブラックジャックの席になど付く物ではありません。

 

ギャンブルと第六感

話は変わりますが長年、ギャンブルをやっていると不思議な経験をする事があります。

競艇場でレース予想をしていたら何故か脳裏に本命でもなんでもない2-4という順番でゴールする光景がふっと思い浮かび、そのまま2-4を買ったら見事に的中という事がありました。

また麻雀で牌をつもった瞬間に「危険牌!」と直感が走り、降りた所、本当にその牌が唯一の当たり牌だった、という事もありました。

 

こういったギャンブルにおける第六感というか、直感的な物を大事にするギャンブラーは多いようで、人間にもまだまだ隠された能力があるんだ、と言う人もいます。

こういう直感というのは本当に瞬間的にしか感じられない物ですが、こういうのが走った時こそ
大勝負に出る、というのがもしかしたら「唯一の必勝法」なのかもしれません。

 

爆裂仕様スロットの参加権利は今だけ!

日本でもインターネットで遊べるオンラインスロットがいま流行し始めています。
外出しなくても自宅やスマホで遊戯できるので気軽にいつでも遊べるんです。
コロナウィルスの心配もなく、喫煙者は遊びながら吸えるメリットが大きいです。
何よりもレートが自由に選べることと配当に上限が無いので、1日で100万円でも200万円でもリターンが見込めるのが人気の理由でもあるんです。
いち早くアンテナを張っていた元パチプロやスロプロが新たに稼げる場所として既に大勢参入しています。

 新世代スロットの入り口はこちらから!



最近こんな悩みをお持ちではないですか?

●下手に外出するとコロナのリスクが高まってしまうなぁ・・・
●タバコ吸いながらスロット打ちたいなぁ・・・
●家族にバレずに遊べないかなぁ・・・
●規制のせいで最近の台は出玉が少ないなぁ・・・
●もっと大きな博打がしたいなぁ・・・
●一発で大逆転できる方法ないかなぁ・・・

オンラインで遊べるベラジョンカジノなら全て解決です!

このオンラインスロットがあるベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に余計な通信費が掛かることもありません。
また30年以上オンラインスロットに携わっている老舗メーカーやベテランスタッフたちによる運営なので信頼性も他より高いです。


ここが日本人向けに作られている証として、サポートが日本語対応されているのがあります。
メールでもチャットでも困ったときにすぐ返事がもらえるのも他のカジノではそうそうありません。










【スロットへの入金方法】
クレジットカードで時間もかからず反映されるのですぐに遊べます。

日本にあるクレジットカードがそのまま使えるということは、いかに厳しい審査をパスされている正規カジノであるという証明ですね。

【スロットからの出金方法】
海外口座のecoPaysがお勧めです。
運営も昔から使ってますがトラブルになったことは一度も無いです。
カジノシークレットからUSD(米ドル) ⇒ ecopayzに送ってJPY(日本円)に変換 ⇒ 日本の銀行口座宛てに送金でOK!

勝ち金が遅くても4~5営業日くらいで送られてきます。



そして、今ならベラジョンカジノへの詳しい入出金マニュアルを差し上げています!
↓↓↓



【よくある質問】
Q:ベラジョンカジノに閉店時間はあるの?
A:無いです。24時間営業です。

Q:入金しなくても遊べるって本当?
A:初めての方は無料お試しプレイから遊べるので、まずスロットの操作方法や雰囲気に慣れてから遊戯されると良いと思います。

 ベラジョンカジノ入口はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました