カジノでポーカーをする前に必ず確認すべき3つのこと

カジノ

カジノにはスロットやルーレット、ブラックジャックやポーカーなど様々なゲームがあります。

今回は初めてカジノでポーカーをプレイする方に向けて、キャッシュゲームのテーブルに着くまでに確認すべきことを3つ紹介します。

 

2020年現在の日本にはまだカジノがないので、初めて海外でポーカーをプレイするときにカジノ内のルールやポーカーテーブルの探し方など、あたふたすることが多いことでしょう。

これから初めてカジノでポーカーをプレイしようと思っている方は、参考にして下さい。

(今回紹介するポーカーはテキサスホールデムです。)

 

キャッシュゲームとは?

カジノで行われているテキサスホールデムのポーカーは大きく2種類、キャッシュゲームとトーナメントがあります。

キャッシュゲームとは、初めからテーブルごとにスタック(持ちチップ)とレートが決められており、一度プレイし始めたらテーブルが閉まるまで好きなだけポーカーをプレイすることができるゲームのことです。

 

そしてキャッシュゲームをプレイする前に、確認しておきたいことが3つあります。

 

・スタック(Stack)

・ブラインド(Blind)

・コミッション(Commission)

 

スタック(Stack)

(例)スタック100~300ドル

スタックとは、ポーカーをプレイし始めるときに準備できる持ちこめるチップ量のことです。

 

テーブルごとに持ち込める最低チップ量と最高チップ量が決められており、必ず指定された範囲のスタックを持ち込まなければいけません。

上の例の場合、開始直後にテーブルにおけるスタックは最低100ドル、最高300ドルになります。

 

プレイ中(ゲームを終えるまで)に最低スタックを下回っても、最高スタックを上回っても問題はありません。

もし手持ちのチップが全てなくなってしまった場合は、ゲームを終了するかディーラーにお金を払い再びスタックを準備する必要があります。

 

ブラインド(Blind)

(例)ブラインド2/3

ブラインドとは、ビックブラインドとスモールブラインドのことです。

 

テーブルごとにブラインドが決められているので、テーブルを選ぶ際にブラインドを確認して、自分の資金にあったテーブルに座りましょう。

上の例えの場合、スモールブラインドは2ドル、ビックブラインドが3ドルと言う意味です。

 

中には「ブラインド5/5」と、スモールブラインドとビックブラインドが同じ金額になっている場合もあります。

 

コミッション(Commission)

(例)コミッション10% 10~200ドル

コミッションとはゲームに勝利した人がカジノ側に払う金額のことです。

例えの場合には、「ゲームに勝利した人の取り分が10ドル以上になった場合から、最大でカジノ側は20ドルまでしか取りません」と言う意味になります。

 

もしゲームに勝利した人が9ドルだった場合には、カジノ側に1ドルも払う必要がなく、もし勝利した人が210ドル以上勝ったとしても、カジノに払う金額は20ドルということです。

コミッションはキャッシュゲームで稼ごうと思っている人には深く関係してくるので、真剣にポーカーで稼ごうと考えている人は、必ず確認しなくてはいけない事項の一つでしょう。

 

ポーカーテーブルの場所

大抵のカジノにはポーカーテーブルはありますが、地方のカジノなど場所によってはポーカーテーブルがない場合もあります。

初めてカジノでポーカーをしたい場合は、まずはポーカーテーブルがあるカジノなのかwebサイトで確認してからカジノに行きましょう。

 

そしてカジノの中にあるポーカーテーブルの場所は、カジノの隅っこ、自力で探していては全く見つけられない場所にテーブルがあることが多いです。

初めて入ったカジノでポーカーの場所を探すのは大変なので、できる限り従業員に聞いてみることをお勧めします。

 

ポーカーテーブルが開く時間帯

ポーカーはカジノの他のゲームとは違い、24時間できるわけではありません。

大都市にあるカジノ(シドニーなど)であれば、ポーカーテーブルが四六時中開いていることもありますが、地方のカジノなどはテーブルが開いている時間が決められていたり、プレイする人がいなくなれば必然的に終わる場合もあります。

 

ポーカーが一番賑わっている時間帯は夜と土日です。

初めてカジノでポーカーをする方は、まずは人が多く確実にテーブルが開いている時間帯に行ったほうがいいでしょう。

 

最後に

今回は初めてカジノでポーカーをプレイする方に向けて、キャッシュゲームについて紹介してきました。

注意して頂きたいのは、初めて海外でプレイする場合は、一番レートの低いテーブルからプレイしていくことをお勧めします。

 

カジノにはカジノ特有のルールがあったり、カジノ独特の空気があったりと、慣れない環境でプレイすると、変なミスをしてしまうこともあるでしょう。

自分の実力を発揮するためにも、まずは一番低いレートのテーブルにつき、時間をかけてカジノの雰囲気に慣れてから、レートを上げていくのが良いと思います。

 

爆裂仕様スロットの参加権利は今だけ!

日本でもインターネットで遊べるオンラインスロットがいま流行し始めています。
外出しなくても自宅やスマホで遊戯できるので気軽にいつでも遊べるんです。
コロナウィルスの心配もなく、喫煙者は遊びながら吸えるメリットが大きいです。
何よりもレートが自由に選べることと配当に上限が無いので、1日で100万円でも200万円でもリターンが見込めるのが人気の理由でもあるんです。
いち早くアンテナを張っていた元パチプロやスロプロが新たに稼げる場所として既に大勢参入しています。

 新世代スロットの入り口はこちらから!



最近こんな悩みをお持ちではないですか?

●下手に外出するとコロナのリスクが高まってしまうなぁ・・・
●タバコ吸いながらスロット打ちたいなぁ・・・
●家族にバレずに遊べないかなぁ・・・
●規制のせいで最近の台は出玉が少ないなぁ・・・
●もっと大きな博打がしたいなぁ・・・
●一発で大逆転できる方法ないかなぁ・・・

オンラインで遊べるベラジョンカジノなら全て解決です!

このオンラインスロットがあるベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に余計な通信費が掛かることもありません。
また30年以上オンラインスロットに携わっている老舗メーカーやベテランスタッフたちによる運営なので信頼性も他より高いです。


ここが日本人向けに作られている証として、サポートが日本語対応されているのがあります。
メールでもチャットでも困ったときにすぐ返事がもらえるのも他のカジノではそうそうありません。










【スロットへの入金方法】
クレジットカードで時間もかからず反映されるのですぐに遊べます。

日本にあるクレジットカードがそのまま使えるということは、いかに厳しい審査をパスされている正規カジノであるという証明ですね。

【スロットからの出金方法】
海外口座のecoPaysがお勧めです。
運営も昔から使ってますがトラブルになったことは一度も無いです。
カジノシークレットからUSD(米ドル) ⇒ ecopayzに送ってJPY(日本円)に変換 ⇒ 日本の銀行口座宛てに送金でOK!

勝ち金が遅くても4~5営業日くらいで送られてきます。



そして、今ならベラジョンカジノへの詳しい入出金マニュアルを差し上げています!
↓↓↓



【よくある質問】
Q:ベラジョンカジノに閉店時間はあるの?
A:無いです。24時間営業です。

Q:入金しなくても遊べるって本当?
A:初めての方は無料お試しプレイから遊べるので、まずスロットの操作方法や雰囲気に慣れてから遊戯されると良いと思います。

 ベラジョンカジノ入口はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました