Pエヴァンゲリオン13 超暴走の出玉性能と感想

パチンコ

Pエヴァンゲリオン13 超暴走 機種概要

Pエヴァンゲリオン13 超暴走は199分の1の確率のライトミドル確変機です。

84.5%の高い継続率が魅力の機種。

出玉は50%で900発と控えめではあるが、高い連荘率で大量出玉を目指す台。評価はよくありませんが、右打ち時の遅さに目をつぶれば安定感のある台であることは間違いなしです。

ライトミドルという点から打ちやすく、低投資で大連荘を目指しやすい仕様になっています。

 

Pエヴァンゲリオン13 超暴走 通常時演出等

 

「エヴァンゲリオン新劇場版Q」を基本とした演出が楽しめる機種です。

この台は比較的に強演出さえ絡んでしまえば当たりやすいので、演出バランス自体はとても良いように感じます。

スパイラルゾーンが絡むと当たりやすいと言われてはいますが、絡まなくても割と当たりますし、発展先で当たらなくても135図柄が揃って突確するなんてこともあるので常に期待が持てますね。

 

スパイラルゾーンという特化ゾーンを経由することが大当たりを引く契機になります。

一見するとごちゃごちゃしていてよくわかりにくく見えますが、金系が絡めば強いというオーソドックスなものになっています。

また、完全オリジナル演出の最強リーチ、13号機リーチは迫力があって一見の余地ありです。

 

Pエヴァンゲリオン13 超暴走 激しい点滅に注意

最近の台はどれもそうなのですが、この台は特に当たり時の光量がすさまじく、目をやられるので光量は最低にしたほうが良いです。ただ最低にしてもかなり目にきます。

 

Pエヴァンゲリオン13 超暴走 右打ち時の性能

 

右打ちは50%で出玉900発とかなり抑え気味、そして確変中の確率が68分の1で消化速度もかなり遅く、右打ち中にハマりやすいです。

高い継続率ゆえに連荘はするのですが、1回の出玉は少ないというかなり厳しい仕様に仕上がっています。

 

確変中のモードは3つあり、非常にシンプルな「シン覚醒モード」、通常時の発展が楽しめる「クラシックモード」、カヲルが出てきやすきなる「カヲルモード」があります。

この中で厄介なのが「シン覚醒」モードで、これが基本になるモードなのですが、非常につまらないです。

シンプルすぎるのと消化時間が長すぎるが故に退屈な時間が続きます。

途中でモードを変えても復活演出が絡むと強制で「シン覚醒」に入ってしまうため、連想時はかなりの苦行を強いられることになります。

 

筆者のお勧めのモードは「カヲルモード」で、カヲル君の出現率がかなり上がり、出現した時点で確率変動が確定するので、常に期待しながら打つことができます。

連荘性能はかなり高く、20連、30連は当たり前のようにしますが、やはり右打ちの長さがネックですね。

気づいたら閉店時間なんてこともあるので、仕事終わりに打つ方はかなり注意が必要です。

昼から打ち始めても気づいたら真っ暗なんてこともよくあります。

 

Pエヴァンゲリオン13 超暴走とシト新生 比較と特有の魅力とは

個人的には「エヴァンゲリオン14 シト新生」でいいというレベルのものであるように感じますが、Pエヴァンゲリオン13 超暴走にしかない魅力を考えてみました。参考までにどうぞ。

 

①新劇場版の演出が楽しめる。

「シト新生」は旧新世紀エヴァンゲリオンの演出です。古いアニメーションは嫌という方には、「超暴走」の演出はあっているのではないでしょうか。

 

②ライトミドルスペックゆえの当たりやすさ

「シト新生」との最大の相違点、スペックの違いです。

「Pエヴァンゲリオン13 超暴走」ならライトミドルスペックゆえの低投資による当たりやすさは「シト新生」には無い魅力の一つであるのは間違いないと思います。

継続率も圧倒的に「超暴走」が勝っているのでそこも大きな差別化点です。

 

③保留変化がある

「シト新生」は基本的に保留変化のない台ですので、物足りないと感じている方には「超暴走」はお勧めです。

Pエヴァンゲリオン13 超暴走 総評、感想等

筆者は1日で54回当たりを引いて3万発を出すという経験をしたのですが、打ち終わるまでに8時間かかり、達成感の3倍以上の疲労感を味わったのを覚えています。

80%超えという高い継続率が売りの台ということではあったのですが、高継続台は今は主流で、現行の台の中ではあまり魅力的には感じません。

唯一の利点はライトミドルであるということでしょうか。この台は一撃万発を狙うことも可能ですが確変機特有の安定感を求めて打つという事ができる台であるように感じます。

 

ただ、金銭的な余裕があるなら、この台よりもミドルスペックの新台「シト新生」を打ったほうが良いのは確実ですね。

「シト新生」の方が右打ちは速いし、出玉は1200発と多く、小当たりによる爆発力もあるためこちらをわざわざ打つ必要は感じません。

この台を打つメリットは新台が出るたびに薄れてくるので、演出が見たい方は今のうちに打ってみるのも良いかもしれませんね。

また、設定付きのスペック違い「エヴァンゲリオン超覚醒」もありますが、あまり設置台数は多くなく、小当たりラッシュも性能が低いのでシト新生のほうがオススメなくらいです。

 

爆裂仕様スロットの参加権利は今だけ!

日本でもインターネットで遊べるオンラインスロットがいま流行し始めています。
外出しなくても自宅やスマホで遊戯できるので気軽にいつでも遊べるんです。
コロナウィルスの心配もなく、喫煙者は遊びながら吸えるメリットが大きいです。
何よりもレートが自由に選べることと配当に上限が無いので、1日で100万円でも200万円でもリターンが見込めるのが人気の理由でもあるんです。
いち早くアンテナを張っていた元パチプロやスロプロが新たに稼げる場所として既に大勢参入しています。

 新世代スロットの入り口はこちらから!



最近こんな悩みをお持ちではないですか?

●下手に外出するとコロナのリスクが高まってしまうなぁ・・・
●タバコ吸いながらスロット打ちたいなぁ・・・
●家族にバレずに遊べないかなぁ・・・
●規制のせいで最近の台は出玉が少ないなぁ・・・
●もっと大きな博打がしたいなぁ・・・
●一発で大逆転できる方法ないかなぁ・・・

オンラインで遊べるベラジョンカジノなら全て解決です!

このオンラインスロットがあるベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に余計な通信費が掛かることもありません。
また30年以上オンラインスロットに携わっている老舗メーカーやベテランスタッフたちによる運営なので信頼性も他より高いです。


ここが日本人向けに作られている証として、サポートが日本語対応されているのがあります。
メールでもチャットでも困ったときにすぐ返事がもらえるのも他のカジノではそうそうありません。










【スロットへの入金方法】
クレジットカードで時間もかからず反映されるのですぐに遊べます。

日本にあるクレジットカードがそのまま使えるということは、いかに厳しい審査をパスされている正規カジノであるという証明ですね。

【スロットからの出金方法】
海外口座のecoPaysがお勧めです。
運営も昔から使ってますがトラブルになったことは一度も無いです。
カジノシークレットからUSD(米ドル) ⇒ ecopayzに送ってJPY(日本円)に変換 ⇒ 日本の銀行口座宛てに送金でOK!

勝ち金が遅くても4~5営業日くらいで送られてきます。



そして、今ならベラジョンカジノへの詳しい入出金マニュアルを差し上げています!
↓↓↓



【よくある質問】
Q:ベラジョンカジノに閉店時間はあるの?
A:無いです。24時間営業です。

Q:入金しなくても遊べるって本当?
A:初めての方は無料お試しプレイから遊べるので、まずスロットの操作方法や雰囲気に慣れてから遊戯されると良いと思います。

 ベラジョンカジノ入口はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました